2007年01月31日

access「diamond cycle」




 地元の新星堂に行ったら既に通常盤しかなくてたまげたが、なんとか初回生産限定盤をゲット。

続きを読む
posted by やくも at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | access

mixiが動画サービスに手を出すそうな

ミクシィが「mixi動画」開始,アップロードは有料
 SNS「mixi」を運営するミクシィは1月30日,動画投稿・共有サービス「mixi動画」を発表した。2月5日にmixi内の一機能としてサービスを開始する。
 mixi動画では,当面は月額315円を支払う有料会員「mixiプレミアムユーザー」だけが動画をアップロード(投稿)できる。携帯電話で撮影した動画の投稿にも対応する。一方,動画の視聴はすべてのmixiユーザーが可能である。また,動画の日記への引用や,タグ付け機能なども備える。
 投稿できる動画は,1ファイル当たり最長5分,かつ最大容量50MBまで。1ユーザー当たりでは最大容量500MBまでとなる。投稿に対応する動画ファイル形式はavi/mov/mpeg/wmv/3gp。


 最近のYoutubeなどの影響を受けてか、mixiが動画サービスを開始するとな。

続きを読む
posted by やくも at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2007年01月30日

「うたわれるものデスクトップキャラクターズ」3月23日に発売延期

うたわれるものデスクトップキャラクターズ

3月2日発売予定だった「うたわれるものデスクトップキャラクターズ」は3月23日に延期となりました。原因は不明。

ToHeart2デスクトップアクセサリーがひどい出来だったので、これはもうちょっと金額分は回収できるような代物でお願いしたい。
posted by やくも at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | うたわれるもの

ひぐらしのなく頃に祭の発売日ケテーイ

「ひぐらしのなく頃に祭」発売日決定

というわけで2月22日発売とのこと。だんだん楽しみになってきたよ。
posted by やくも at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらしのなく頃に

WindowsVista、Office2007お目見えー

Windows Vista深夜販売 アキバ編
次世代OS「Windows Vista」がいよいよ発売される。6年振りの新Windows登場に秋葉原の多くのショップは深夜販売を敢行。既報の通り、各ショップはさまざまなキャンペーンを打ち出して集客を図る。


 秋葉原ヨドバシカメラでは川村ゆきえさん、有楽町ビックカメラでは真鍋カオリさんを招いてカウンドダウンを実施するなどイベントには事欠かないです。
続きを読む
posted by やくも at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・企業

ニコニコ動画が面白い

ニコニコ動画が面白くてずっと見てました。
お気に入りの動画を並べてみました。

続きを読む
posted by やくも at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2007年01月29日

「十次元立方体サイファー」がPS2に移植

菅野ひろゆきが贈るミステリーシリーズ第3弾『十次元立方体サイファー』
隔離された館"月光館"で、ひとり、またひとりとメンバーが消えていく……。エンディングまで予測不可能な展開が連続する、PCで人気の推理アドベンチャーゲームがプレイステーション2に移植! 『十次元立方体サイファー 〜ゲーム・オブ・サバイバル〜』は、閉鎖された空間を舞台に、裏側に異常性を秘めた登場人物たちが連続殺人に直面するという、本格ミステリー好きにはたまらない設定になっている。さらに、移植に際して登場キャラクターの追加が実現! PC版からサブタイトルが変更になったことも加えて、新作と言ってもいい内容に生まれ変わっているのだ!!


 ファミ通の記事を読みましたが変更点はかなりあるようです。読んだ感じ列挙すると以下です。


続きを読む
posted by やくも at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム全般

2007年01月28日

PS2版うたわれるもの「皇都侵攻〜ケナシコウルペ皇都〜」

PS2版うたわれるもの「タトコリの関〜ケナシコウルペ〜」の続きです。


軍の実権を握ったヌワンギは全軍1200の軍勢を使って攻め上ってきます。慎重に軍を使っていたベナウィと違い、豪快な作戦を取るヌワンギ。

対するハクオロは敵を挟んで殲滅する作戦を取ってきます。

続きを読む
posted by やくも at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | うたわれるもの

2007年01月26日

涼宮ハルヒの憂鬱DVD7巻の特典がすごいことになってるらしい

涼宮ハルヒの憂鬱DVD7巻の特典エンディングとしてEDの踊りフルバージョンがあったそうです。早速Youtubeにあったので、早速。。。





ハルヒが(・∀・)イイ!!
posted by やくも at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 涼宮ハルヒの憂鬱

2007年01月25日

PS2版うたわれるもの「タトコリの関〜ケナシコウルペ〜」

PS2版うたわれるもの「森の娘〜チャヌマウの集落〜」の続きです。

撤退したベナウィですが、インカラ皇の逆鱗に触れます。どうやら先の村落を襲撃したのはインカラ皇の仕業のようです。いくら暗愚な皇という設定だからってそれは無いだろう。
しかもインカラ皇はベナウィと同じ侍大将になんとヌワンギを指名します。侍大将ってそんなに簡単になれるものなのか???


続きを読む
posted by やくも at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | うたわれるもの

2007年01月24日

PS2版うたわれるもの「森の娘〜チャヌマウの集落〜」

PS2版うたわれるもの「戻れぬ道〜ケナシコウルペ〜」の続きです。

砦を制圧が完了したハクオロ達は敵襲に備えて建て直しを図ります。

その頃朝廷ではインカラ皇(ササンテの兄)によって、ベナウィが討伐軍を編成します。ベナウィは話し合いを持つべきと進言しますが、インカラ皇に拒否されます。副長であるクロウと共に出陣するベナウィ。腐敗するこの国を守ろうとする自分に苦悩する様が伺えます。

続きを読む
posted by やくも at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | うたわれるもの

2007年01月23日

しょこたんの新曲が幕張メッセでお目見え

ポケモンソングでしょこたん「こんなに…ビックリ」 昨夏歌手デビューしたタレント・中川翔子(21)が、千葉市の幕張メッセで行われた「次世代ワールドホビーフェア」で、初めて作詞した「ポケモンなりきりサンデー」(2月14日発売)を初披露。同曲はテレビ東京系子供番組「ポケモン☆サンデー」(日曜前7・30)のエンディングテーマ曲で、1200人を超える子供たちが集まり、「予想の3倍以上の観客でした。こんなに多くのチビっ子とふれあえるなんて、ビックリ」。


070122gt20070122151_MDE00023G070122T.jpg


 これは2/14に発売予定のしょこたん新曲「ストロベリmelody 」に収録されているトリプルA面シングルのうちの1曲「ポケモンなりきりサンデー」の初お目見えである。
posted by やくも at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | しょこたん

2007年01月22日

PS2版うたわれるもの「戻れぬ道〜ケナシコウルペ〜」

PS2版うたわれるもの「乱〜ケナシコウルペ〜」の続きです。

その夜、トゥスクルはこの世を去ります。

エルルゥとアルルゥの二人は仲良く暮らすこと、ハクオロにはこの二人のそばにいてほしいとの遺言を残して。

続きを読む
posted by やくも at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | うたわれるもの

2007年01月21日

Youtubeによる懐かしアニメOPED集その1

2ちゃんねるにアニメOP,EDを貼り付けるスレがあって、面白すぎてハマッてしまったので、備忘録としてここにとっておきます。

続きを読む
posted by やくも at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ全般

中国が対衛星破壊兵器の使用に成功

中国、対衛星兵器を実験・多数のデブリが発生か
中国が11日、高度800kmの軌道上にある自国の気象観測衛星を地上から発射された弾道ミサイルにより攻撃し、衛星の破壊に成功していたことが判った。米情報当局からの情報として17日付けの英アビエーションウィーク誌が報じた。


何気に大きなニュースです。続きを読む
posted by やくも at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事

PS2版うたわれるもの「乱〜ケナシコウルペ〜」

PS2版うたわれるもの「荒ぶる森の主〜カカエラユラの森〜」その2の続きです。

なんとかムティカパを倒し、村の危機を救ったハクオロ達。しかし、アルルゥが抱えていたのはムティカパの子供だった。テオロ達は可哀相だが子供を殺すしか無いと迫りますが、ハクオロ達が責任持って面倒を見るということで落ち着きました。




続きを読む
posted by やくも at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | うたわれるもの

2007年01月20日

「ひぐらしのなく頃に祭」OPムービーが公開

ALCHEMIST:「ひぐらしのなく頃に祭」

OPムービーの公開である。OPテーマは彩菜さんの「嘆きノ森」。「ひぐらしのなく頃に」の雰囲気を演出するに素晴らしい曲です。
続きを読む
posted by やくも at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひぐらしのなく頃に

大河ドラマ「坂の上の雲」配役決定

「坂の上の雲」撮影も放送も3年
 NHKは18日、09年から放送する司馬遼太郎さん原作のスペシャルドラマ「坂の上の雲」の主要キャストを発表した。主人公の連合艦隊参謀・秋山真之に本木雅弘(41)、その兄、秋山好古役の阿部寛(42)、正岡子規を香川照之(41)、その妹役を菅野美穂(29)が演じる。作品は、09年秋から3年かけて全13回を放送。撮影期間に3年、1話あたりの制作費は、大河ドラマを上回る約1億円とみられ、空前のスケールとなる。
 「坂の上の雲」は、司馬遼太郎さんが1968年から72年まで新聞連載した国民的小説。明治時代を生きた若者たちの青春を描いている。NHKでは連載時からドラマ化を交渉したが、司馬さんの許可が下りず、司馬さんの死後、妻の福田みどりさんがようやくドラマ化を了承。03年1月、当時の海老沢勝二会長が「06年のドラマ化」を発表していた。
 しかし、脚本担当の野沢尚氏が04年6月に自殺し、脚本制作が延期に。さらに04年からは不祥事が相次ぎ、05年1月にはその海老沢会長が辞任。その後も受信料不払い問題などを抱えるNHKは、今回、視聴者への信頼回復の起爆剤にと、30年来の悲願を開局以来、最大級のプロジェクトで実現させることに踏み切った。
 放送は09年秋に5回、10年秋に4回、11年秋に4回と3年にわたって1話90分で放送。制作費は「1話あたり6000万円の大河ドラマを超える」と宣言。中国、ロシアなどでのロケを行うほか、CGも駆使して日清、日露戦争などをリアルに描くという。
 そのスケールに出演陣も奮起。バルチック艦隊を壊滅させた秋山真之海軍参謀役の本木こそ、「体力的にも精神的にも不安。でもおおらかに取り組みたい」と弱腰に話したが、正岡役の香川は「有名な横顔の肖像画に近づけるため減量する。限界にチャレンジしたい」と決死の覚悟。菅野も「3年間、気持ちを持ち続けようと思わず、素で演じたい」と目を輝かせていた。

 司馬遼太郎の最高傑作「坂の上の雲」がついに大河ドラマ化!
 ということは決定していたのですが、脚本家野沢さんの自殺、大河ドラマ化を猛烈にプッシュしていた海老沢会長の辞任などで大幅に遅れていましたが、ようやく配役が決定しました。

続きを読む
posted by やくも at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

2007年01月19日

しょこたんがレインボー大使に任命される!!

中川翔子:妖精コスプレに「幸せです!」 レインボー大使任命
 タレントの中川翔子さん(21)が児童書「レインボーマジック」シリーズをPRする「レインボー大使」に任命され18日、東京都豊島区の書店「リブロ本店」で会見が行われた。真っ赤なミニのワンピースに羽を付け、物語に登場する妖精「ルビー」にコスプレした中川さんは「興奮してます。頭にどん欲にバラが飾ってあるし、羽もきらきらで女の子のあこがれる要素がこんなにも入って。幸せです」と妖精になりきっていた。
 「レインボーマジック」はレイチェルとカースティの二人の少女が妖精と出会い、冒険をするストーリー。03年5月に英国で出版され、これまでに50冊以上が発売さている。世界23カ国での翻訳が決まっており、すでに1000万部を超えるヒットとなっている。日本では、ゴマブックスから06年8月に第1シリーズの7冊が出版されて累計100万部超の大ヒットとなり、18日には第2シリーズが発売された。英国の出版元が「イメージが『レインボーマジック』にぴったり」と中川さんを大使に指名。中川さんは、3月に開かれるレインボーマジックのコスプレコンテストの審査委員長を務めるほか、本の読み聞かせ活動などを行う。
 同シリーズのファンという中川さんは「『魔法を信じていれば妖精に会える』って言うセリフが印象的で、いくつになっても魔法や妖精を信じていきたいなと思います」とかなりの入れ込みよう。「私はコスプレが最大の趣味なので、ストレスがたまるとコスプレします。このシリーズを読んで、好きなキャラクターを見つけて、どん欲にコスプレしましょう!」と呼びかけていた。【乗峯滋人】


 さすがは我らがしょこたん、素晴らしい呼びかけである。

続きを読む
posted by やくも at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | しょこたん

2007年01月18日

KOTOKOの横浜アリーナ単独ライブの記事

シンガーとしてつづってきた"過去・現在・未来"を集約させたコンサート
 12月1日、横浜アリーナにてKOTOKOの集大成を見せるライブが開催された。MCで「ゲーム音楽のようなキュンキュンとした歌が好きな人から、アニメソングやオリジナルアルバムの楽曲を通して好きになってく
れた人まで、KOTOKOのいろんな歴史を見せちゃいます」と語ったように、この日のステージでの彼女は、楽曲を通し多彩な表情を描いていった。
 最新アルバムのタイトル曲「UZU-MAKI」を荒々しい表情で歌い上げるKOTOKOの姿に圧倒的な迫力を感じると、「月夜の舞踏会」では大道芸人たちがステージに登場。彼らとともにロマンチックな雰囲気で歌うKOTOKOの姿は、まるでプリマドンナのようにさえ見えた。また、「face to fact」や「Re-sublimity」では、満員の観客が、思いきり飛び跳ねながら熱狂。さらに「きゅるるんKissでジャンボ!!♪」など、ゲーム関連のテーマ曲を歌ったときには、メイド2人をしたがえ、客席を練り歩くパフォーマンスを披露。
 3時間半に渡るこのライブは、KOTOKOの過去・現在・未来≠存分に味わえるライブとなった。


 というわけでKOTOKOのライブ記事なのです。なんで12/1のライブ内容がいまさら記事になっているのかわかりませんが。

続きを読む
posted by やくも at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | KOTOKO

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。