2008年08月13日

東条元首相の終戦直前手記見つかる…14日に自殺決意記す

東条元首相の終戦直前手記見つかる…14日に自殺決意記す
 東条英機元首相が、太平洋戦争の終結直前の1945年8月10〜14日に書いた手記が、国立公文書館(東京都千代田区)に所蔵されていることがわかった。
 手記には、終戦に反発する東条元首相の「本音」が散見され、研究者は「歴史的に価値ある資料」としている。
 同館によると、手記は東京裁判で東条元首相の弁護人を務めた清瀬一郎氏が法務省へ寄贈した資料の一部。鉛筆書きの肉筆メモのほか、60年代に和文タイプで打ち直された資料がある。法務省が99年度に同館へ移し、昨年から一般公開の扱いとなった。
 8月10日の手記では、「東亜安定と自存自衛を全うすることは大東亜戦争の目的なり、幾多将兵の犠牲国民の戦災犠牲もこの目的が曲りなりにも達成せられざるにおいては死にきれず」(かな部分は原文ではカタカナ)と、重臣が集まった懇談会での自身の発言要旨を記録。
 13日には、「もろくも敵の脅威に脅え簡単に手を挙ぐるに至るがごとき国政指導者及国民の無気魂なりとは夢想だもせざりしところ、これに基礎を置きて戦争指導に当りたる不明は開戦当時の責任者として深くその責を感ずる」と自分の考えを記し、当時の鈴木貫太郎内閣や国民を批判している。
 終戦前日の14日には、「大義に殉ぜる犠牲もついに犬死に終らしむるに至りしことは前責任者としてその重大なる責任を痛感する。事ここに至りたる道徳上の責任は死をもっておわび申上ぐる」と自らの死を決意している。東条元首相は終戦後の9月11日に拳銃自殺を図り、一命を取り留めた。
 昭和史に詳しい作家の半藤一利さんは「終戦直前の手記が公になるのは初めてで、価値がある。終戦間際の揺れる思いがよく分かり、戦況の不利を国民や当時の指導者のせいにする本音が表れていて面白い。終戦直前まで、東条は軍人として戦争継続をあきらめていなかったことは意外だった」としている。
 また、東条元首相に関する著書があるノンフィクション作家の佐藤早苗さんは「東京裁判中の手記は明らかにされていたが、終戦前のものは聞いたことがない。感情をあらわにした表現もあり、当時の政府幹部が終戦に傾いていくのを、裏切られたような気持ちで見つめていたのではないか」と話している。


 記事ではメモの一部抜粋しか見ることが出来ませんが、確かに面白い内容です。当時の戦争継続派の観点は国体の護持が最優先であったことからすれば、裏切られたという気持ちがメモに現れるのは当然でしょうね。東条元首相からすれば沖縄を米軍に制圧されたとはいえ、本土侵攻はまだ許していないことからすれば、数だけは数十万、いや150万近くを動員できたと言われている陸軍で本土決戦(決号作戦)に固執する感情があったのでしょう。

 しかし、広島、長崎に投下された新型爆弾(原爆)、ソ連赤軍の満州侵攻、欧州戦線の終結、日本海軍の機能停止、数だけで装備が行き渡らない陸軍などの材料から判断すれば東京陥落はゲリラ戦などを考慮しても時間の問題でありましょう。

 現代の価値観で東条元首相のメモを批判するのは簡単です。しかし、歴史は当時の価値観でもって判断しなければ全く意味を持たないことを意識しつつ分析することが大切ですね。自戒を込めて。
posted by やくも at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2008年08月11日

ロシア軍、グルジア空爆を続行 停戦提案応じず

ロシア軍、グルジア空爆を続行 停戦提案応じず
 【モスクワ=古川英治】南オセチア自治州をめぐる武力衝突でロシア軍はグルジアからの停戦交渉の要請に応じず、11日早朝もグルジアの首都トビリシ近郊を爆撃したもようだ。軍事行動の停止を宣言したグルジアに対し、ロシアはサーカシビリ・グルジア大統領の辞任を停戦交渉の条件とする意向を示唆。戦闘終結の行方はなお不透明だ。フランスが調停に乗り出すなど、事態収拾へ向けた国際社会の動きも活発化している。
 グルジア内務省によると、ロシア軍は10日夜、グルジアが停戦交渉を公式に要請した後もトビリシの空軍施設と国際空港の付近を爆撃した。ロシア側は否定しているが、ロイター通信は空港の滑走路の近くから煙が上がっていると報じている。さらに同省は11日早朝にトビリシに近い軍事施設が爆撃を受けたと発表した。
 ロシア国防省の広報官は、グルジア沖に派遣した黒海艦隊が10日、グルジアのミサイル艇に攻撃を加え、一隻を撃沈したことを明らかにした。グルジアの攻撃を受け、応射したとしている。グルジアはこの情報を確認していない。


 グルジア軍は以前から独立を求めていた南オセチア自治州に侵攻、州都ツヒンワリの制圧を目指していましたが、ロシア軍が軍事介入しており戦況はグルジア側に不利になってきました。ロシア軍は第58軍の一部をグルジア領内へ侵入させグルジアの首都トビリシ近郊など重要地域へ空爆を開始、対するグルジア軍は総動員体制をとっており、予備役の収集、イラク派遣の軍も戦線に投入するという戦争状態となっています。数ヶ月前にグルジア軍の無人偵察機がMiG-29に打ち落とされる事件があり、緊張が高まっていましたが、懸念が当たってしまった格好です。

 グルジアのサーカシビリ大統領は欧米の支援を見込んで世界の注目を浴びるであろうオリンピックの開会式に軍事侵攻し、ロシアの非道を広げようという意図があったと言われていますが、欧米からは支持のみでNATO軍など支援を受けることが出来ず、完全に当てが外れてしまいました。ロシア軍は黒海艦隊まで動かし支援の封鎖を行ってきています。アメリカ、ドイツを初めとする欧米諸国やグルジアが停戦要求を行ってもメドヴェージェフ大統領、プーチン首相の”双頭の龍”は聞く耳を持ちません。ロシア軍のノゴビツィン参謀次長は「グルジアと戦争しているのではなく、国連の委任の枠内で紛争地域の平和維持を果たしている」とまで言う始末で、恐らくグルジア側を徹底的に叩くまでは戦争は終わらないかもしれません。

 ロシアの望む着地点はどこか、ロシアはチェチェン問題を抱えていることもあり南オセチアの独立を承認していません。チェチェン問題ではロシアは立場が逆転することになるため、ロシアのスタンスに矛盾が生じてしまいます。とするならば南オセチアからグルジアの影響力を排除することが主眼に置かれることは間違いないでしょう。これに乗じてアプハジア独立派まで動き出している始末です。しかし、そのためのロシア軍の行動がグルジア首都トビリシ攻略にまで手が伸びるようなことになれば、さすがに欧米が黙ったままでいる訳にはいかなくなります。そうなればこの戦争は最悪の状態になるのは確実であり、それはロシアもわかっているはずです。

【参考】
グルジア・ロシア紛争Q&A(草稿)・・・軍事板常見問題
北カフカーズ軍管区・・・wikipedia
グルジア軍・・・wikipedia
南オセチア「戦争」・・・タテ・ヨコ・ナナメの世界と日本
グルジアとロシアが全面戦闘状態に突入・・・週刊オブイェクト
posted by やくも at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際・外交

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。