2008年05月24日

「エロゲーで人間性失う」 規制求め請願 円議員の掲示板に批判数百件

「エロゲーで人間性失う」 規制求め請願 円議員の掲示板に批判数百件
 「アダルトゲームで青少年は心を破壊され、人間性を失う」──。民主党の円より子参議院議員らが提出したアダルトゲームの規制を求める請願に対し、同議員のインターネットサイトの掲示板に、数百件の批判的な意見が寄せられている。
 円議員らが提出したのは「美少女アダルトアニメ雑誌とゲームの製造・販売の規制法制定に関する請願」で、「街中に氾濫(はんらん)している美少女アダルトアニメ雑誌やゲームは、小学生の少女をイメージしているものが多く、このようなゲームに誘われた青少年の多くは知らず知らずのうちに心を破壊され、人間性を失っており、既に幼い少女が連れ去られ殺害される事件が起きている」と指摘。「幼い少女たちを危険に晒(さら)す社会をつくり出していることは明らかで、表現の自由以前の問題である。社会倫理を持ち合わせていない企業利潤追求のみのために、幼い少女を危険に晒している商品を規制するため、罰則を伴った法律の制定を急ぐ必要がある」と、罰則をともなう法規制を求めている。
 これに対し、掲示板には「雑誌やゲームが全て犯罪の元と言いたいのか」「ゲームユーザー及び製作者に対してあまりにも偏った失礼な発言だ」「美少女ゲームを嗜む大人だが、自分の心も壊れているのか」といった批判的な意見が寄せられた。「科学的根拠に基づいているのか」「アダルトビデオは危険ではないのか」といった指摘があったほか、女性とみられる投稿者からは「子持ちの主婦ですが(ストーリー重視の)エロゲーくらいやる」との書き込みもあった。
 警察庁のまとめによると、平成19年に摘発した児童虐待事件は前年比1%増の300件、わいせつな画像を撮影されるなどの児童ポルノ事件の被害に遭った児童(18歳未満)は同20.2%増の304人で、いずれも過去最悪になっている。アダルトアニメ・ゲームとの関連性は不明だ。ネット上では児童ポルノなどの規制に関する議論がこれまでも数多くなされおり、今回の請願についても大きな反響を呼びそうだ。


 まあ、いつものことです。

 「アダルトゲームで青少年は心を破壊され、人間性を失う」と主張するのであれば、それに到ったプロセスがあるはずで、その論拠を説明し納得を得られる必要があります。この党にはそれを行うことは非常に難しいのでしょうが、がんばってください。

 世間では残念ながらこのようなアンダーグラウンドと言っても良いジャンルは悪いイメージが先行しやすいものです。それが18禁ともなれば青少年への悪影響というお決まりのキーワードが出てくることも必然でありましょう。であればいかにして棲み分けを行っていくのか、コンビニなどの雑誌のような我々にとっては悲しい取り扱いを行うことなど、対策の話になっていくのは通常でしょう。それを政治家が世間様と同じようにイメージ先行で物事を進めていこうというのは論理的ではありません。

 昔ゲーム脳と呼ばれる現象がありましたね。あまりに馬鹿馬鹿しい内容ではありましたが、イメージ先行の世間様にはあっという間に広がっていったのはまだ記憶に新しい話で、相手にしていなかったCESAが見解を出さざるを得ない状況になりました。

 ゲームヲタから言わせて貰えば、人間性を失った奴がたまたまやってただけだろと主張させて頂きます。
posted by やくも at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム全般
この記事へのコメント
べっ、べつにあんたなんかに興味は無いんだからね!d(´∀`*)グッ★ http://gffz.biz/index.html
Posted by 名無し at 2011年11月19日 09:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97837492

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。