2007年10月03日

原監督3度舞う!巨人5年ぶりV奪回!!

原監督3度舞う!巨人5年ぶりV奪回!!
 ◆巨人5x―4ヤクルト(2日・東京ドーム) 巨人が劇的な逆転サヨナラ勝ちで、5年ぶり通算40度目のリーグVを決めた。1点ビハインドの9回、2死満塁から清水が遊撃内野安打。遊撃手・宮本が一塁へ悪送球する間に、一気に2者が生還。優勝は1リーグ時代9度、2リーグ制後は31度目。原監督はグラウンドで3度宙に舞った。
 巨人の前回優勝は原辰徳監督(49)が初めて指揮を執った2002年で、原監督は2度目のリーグ制覇となった。
 巨人は02年以来となる日本一を目指し、今季から導入された日本シリーズ出場権を争うクライマックスシリーズ(CS)に臨む。巨人が出場する第2ステージ(5試合制)は10月18日に東京ドームで開幕。2位中日と3位阪神が対戦する第1ステージ(3試合制)は13日からナゴヤドームで行われ、巨人はこの勝者と戦う。


 管理人やくもは巨人ファンなのでこの優勝は素直に嬉しい!

 原監督といえばやはり前回の解任劇が脳裏に浮かびます。いくら成績不振といえども前回日本一を獲得した新米監督に対する決断にしてははっきり言ってファンの不信を買ったのではなかったでしょうか。フロントとの対立だのなんだの言われ、後任には”悪太郎”こと堀内監督が就任という運びとなりました。

 ファンってものはチームが強いことに越したことはないでしょうが、それだけではファンはついてこない。巨人首脳部というものはもしかしたら今でも巨人が強くなればプロ野球人気が蘇るなどという馬鹿な考えを未だに持っているのかもしれませんが、広島ファンとか見ればそうでないことは明らかです

 やはり原監督でないと応援する気になれないというのが僕の素直な気持ちです。原監督には現役時代など色々言いたいこともある人もいるでしょうが、これだけ野球が好きであるという気持ちが前面に出ている人が指揮を執っていると自然と応援したくなるものです。長島監督などが見本でしょう。

 そんな中で今回は投手陣の戦力も整いました。内海というエースも出来たしそれに続く投手も出てきた、高橋尚も過去例の無い成績を収め最大のネックとなっていたクローザーにも最適と言われながらも実現出来なかった上原を配置することが出来た。こういった点が最も大きかったのではないかと。

 今回はクライマックスシリーズというよくわからない制度が導入され、優勝した巨人は2位中日3位阪神の勝者と5ゲーム制で戦い日本シリーズへと駒を進めるわけですが、例年のソフトバンクのようにならないよう頑張っていただきたいです。
posted by やくも at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般

2007年07月12日

大リーグ球宴、イチローがMVP 史上初のランニング本塁打

大リーグ球宴、イチローがMVP 史上初のランニング本塁打
サンフランシスコ──米大リーグのオールスター戦が11日、当地のAT&Tパークで行われ、アメリカン・リーグのイチロー外野手(シアトル・マリナーズ)がオールスター戦史上初のランニングホームランを放つなど、3打数3安打で、最優秀選手(MVP)に選ばれた。
〜略〜

 これ以上無いくらいの出来ですよね。日本が生み出した天才プレイヤーとして非常に尊敬すべき人間だと思います。

 しかも球宴という世界が注目する大舞台での快挙、球宴史上初というおまけつきで文句の付け所など存在しないでしょう。長距離打者などによるスランプとは違い、足にスランプ無しと言えるイチローの魅力とその実力は今年も旋風を巻き起こしてくれるでしょう。

 それと同時に話題に上がったのがマリナーズとの契約です。イチロー自身、ワールドシリーズ制覇が可能なチームへの移籍を考えない訳が無いですし、イチローのような割り切った性格であればマリナーズにこだわる必要は無いように思えるのですが、この振って沸いたようなマリナーズ残留の可能性高しとの報道には引っかかる思いがあります。

 マリナーズ観点からすれば手放すことが出来ないプレーヤー、オーナーである任天堂からすれば事業戦略のイメージアップに欠かせない選手。こういった思惑があることが背景にあって噴出してきた残留話なのでしょうか。ちょっと水を差すような情報のような気がします。
posted by やくも at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般

2007年05月15日

パ6球団が携帯向け動画配信…共同出資会社設立

パ6球団が携帯向け動画配信…共同出資会社設立
 プロ野球パ・リーグ6球団は14日、リーグ振興を目的とした共同事業会社「パシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)」を同日付で設立したと発表した。携帯電話向けに試合の動画配信をするほか、情報提供、マネジメント関連の事業を行う。
 PLMは6球団が均等出資し、資本金は6000万円。東京都内に本社を置き、代表取締役には日本ハムの藤井純一球団社長が就任した。他の5球団の代表者が取締役に就いた。
 既に日本ハム、西武、ロッテ、ソフトバンク、楽天の5球団が共同で行っている携帯電話向けの試合の有料動画配信サービスをPLMが引き継ぎ、来季からはオリックスも加わる。藤井代表取締役は「野球ビジネスの新しいスタイルの第一歩。6球団が集まることにより、今までになかった新サービスを提供できる」とコメントした。
 小池唯夫パ・リーグ会長「パはどの球団も厳しい状況の中で経営している。営業努力の一環としてやってもらうことは良いこと。営業活動の活性化を期待したい。ただし野球協約やルールの域を出ないようにやってもらいたい」

 こんなマーケティングを考えるとはやるじゃないか。さすがはパ・リーグと言うべきなのか、パ・リーグ連中だからこそ考え出したのか迷うところですが、素直にGJを唱えるべきでしょう。

 プロ野球というコンテンツをどのような形で動画サービスとしてモバイル配信するかにもよると思いますが、今流行りの動画サービスを利用して、若い世代ではアクセス端末として非常に利用が多い携帯をターゲットにすることで、プロ野球人気を復活させようということですか。

 巨人戦の視聴率が落ちているなか、プロ野球人気が心配ではありますが、元々巨人におんぶに抱っこでは無いパ・リーグならば心配無用かもしれません。毎年人気選手が出てくるパ・リーグですから、選手を知ってもらう努力をしないといけないですから、このような試みは人気選手を作り出す上でも重要です。

 個人的にはセ・リーグから聞こえて欲しかったですね。このような経営努力をしているのはパ・リーグ連中だけ。あぐらをかいてても客は球場に来ないと認識していても、結局努力しなければ何もやらないことと同じなのです。
posted by やくも at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般

2007年04月06日

14億円の裏金だそうです

西武14億円ケタ違い裏金発覚
 西武の裏金問題に関する調査委員会(池井優委員長=慶大名誉教授)が4日、中間報告を発表した。その中で、2005年6月の「倫理行動宣言」以前に、合わせて14億円にものぼる「裏金プラス不正支出」が存在していたことを明かした。5人のアマ選手に対し、契約金の前倒しなどの名目で総額6160万円を金銭供与、アマ関係者のべ170人に、学生野球憲章が禁じる「謝礼」を渡していたことも判明。新人との契約では実行委員会の申し合わせ事項である最高標準額を15選手で計11億9000万円も上回っていた。不正は球団ぐるみで行われており、球界に新たな衝撃が走った。
〜略〜

 まあ、こんなところでしょうと思ってしまった僕はちょっとやヴぁい?www

 契約金の上乗せなどはほとんど暗黙の了解という感がありました。それにしても5人のアマ選手獲得のために170人に謝礼ってホントかなぁ、普通監督とか親とかアマ選手に影響力のありそうな人物に対してスポットでお金を使うような気がする。手当たり次第に配っていたら、それだけ発覚する確率は高くなると思うんだけど。。

 さて、こうなると他の球団、特に巨人はどれくらいの金額になるのか興味しんしんになるのは当然だと思うんですけど、どうして選手会を始め、誰も他球団調査の声を上げないのでしょうね(棒読み)

 やってないのは広島と楽天くらいじゃね?
posted by やくも at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般

2007年03月23日

希望枠を撤廃しただけで問題は解決しない、そうだろ?

希望枠存続で古田前選手会長「怒!」
 日本プロ野球選手会の古田敦也前会長(ヤクルト兼任監督)は22日、日本プロ野球組織(NPB)の代表者会議でドラフトの希望枠撤廃が来秋からで合意したことについて「(制度設計が)決まらないから、今年は(撤廃を)やらないというのはおかしい。期日を決めて議論を尽くさないと」と怒りをあらわにした。
 古田前会長は「まだ決まってないんでしょ。優先順位は一番なんだから絶対にやらないといけないし、やってほしい」と早期撤廃に向けての再検討を促していた。

 来年から撤廃できるなら今年やれよとしか思わないです。しかし、撤廃したからといってこの問題が解決するとも思えないのですね。いや、逆に言えばそれで裏金もなくなると考えている人のほうが少ないんじゃないかなと思います。希望枠が無くなれば、また別の方法が用いられるのでしょう。江川事件とか。

 しかし、選手会ってそんなこと言えるの?ってのがきっと率直なファンの声だと思います。こう裏金がバンバン出てくると、今の現役選手だって全員とは言わないまでも貰っている人間はいるだろう、それらは調査しなくて良いのか、たまたま見つかった人だけ処分されるのは不公平ではないかって思うんじゃないかと。

 高野連だとかから今回の結果は受け入れられないという声が届きました。毎度毎度色んなことを言われていますが、彼らって一体なんなんでしょうね?やることやらずにこれですよ。

 マスコミの興味は撤廃するしないに向きつつあります。それもすごく大事なことですが、それよりも筋を通すために先にやることがあるのでは?と感じます。そうでなければとても意味の無い希望枠撤廃だと思うのです。
posted by やくも at 00:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野球全般

2007年03月13日

巨人が予想通り希望枠撤廃に反対

巨人・滝鼻オーナー、希望枠撤廃に反対(読売新聞)
 西武によるアマ選手への現金供与問題発覚後、ドラフト制度改革で希望枠の撤廃論が高まっていることに対し、巨人の滝鼻卓雄オーナーは12日、「西武の事件をきっかけに完全ウエーバー(方式)なんてやったら、ますます若い人はメジャーに行ってしまう」と、反対の立場を明らかにした。
 現行の希望枠が撤廃され、選手が希望する球団を選べなくなると、米大リーグへの人材流出が加速してしまうとの見方を示した。また、「ルールは守らなければならないが、企業努力は反映していかなければいけない」とも主張した。

 巨人ファンのやくもでありますが、まあ予想通り巨人は希望枠廃止については反対の立場を取って来ました。腐っても巨人というネームバリューに加えて、その資金力をバックにすればスカウトは有利な方向に働く、希望枠は巨人に有利という昔ながらの考えが根底になるものと思われます。

 完全ウェーバー制を実施したら、若い人はメジャーへ行く。完全に破錠したロジックだとため息をつくしかないね。希望枠ではない選手はみんなメジャーに行っているのか、これは逆に言えばメジャーのレベルを舐めている発言とも受け取れる。今、メジャーで活躍している選手は日本のプロ野球のトップで、さらに厳選されたメンバーだ。さすがに腕に自信のあるアマ選手でも、いきなりメジャーにチャレンジしようというのがいかに無謀かわかるであろうし、日本のプロからメジャーへ行くルートでもFA年数というネックはあろうが問題無いだろう。

 ドラフト制度自体、球団の戦力均衡のためにあるのは周知の事実。己の都合のためにプロ野球全体の問題を真摯に考えようともしないその態度は正に批判されるにふさわしいものと考えます。
posted by やくも at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般

2007年03月12日

西武のアマ選手への金銭供与問題は完全ウェーバーで解決?

西武球団、不正スカウトで「調査委」設置へ=西武HD後藤社長が明言−プロ野球
 プロ野球の西武球団がアマチュアの2選手に金銭を供与する不正なスカウト活動を行っていた問題で、西武グループトップの後藤高志・西武ホールディングス(HD)社長は11日、外部メンバーも入れた「調査委員会」を球団内に設置する方針を示した。「再発防止のため、原因を徹底的に究明しなければならない。客観的に第三者に見てもらいたい。信頼を一日でも早く取り戻したい」と語った。
〜略〜

 ムダムダ、一場の問題であれほどの騒ぎになったにも関わらず、ちょっと年月が過ぎただけでこのザマ。今のドラフト制度のままじゃ永遠になくなりゃしませんがな。星野仙一氏の言うとおり完全ウェーバー制にでもしない限り、こういった話は無くならないと思うよ。これは貰う側も求めているっていうどうしようもない話もあるし。これは「前はもらえたのに、今は・・・」みたいな話も出てくるだろうし、ある程度の覚悟は決めたほうがいいね。
posted by やくも at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般

2007年03月05日

巨人がオープン戦で危うかったらしい

9回2死で“完全”免れる 巨人、打線に工夫なく沈黙
 1人の走者も出せずに迎えた9回2死から、脇谷の打球が中前に抜けて安打となった。巨人打線はソフトバンクの継投による“完全試合”を、なんとか免れた。
 原監督は相手先発の和田を意識して、右打者の谷を1番に入れるなど左腕攻略を狙った打線を組んだ。だが、和田には手も足も出ず、その後も打線の沈黙は続いた。5投手に喫した三振は12を数えた。
 3三振に終わった小笠原は「みんないいボールだった。次は何とかしないと」と肩を落とし、主将の阿部は「悔しいけど、相手はいい球を投げていた。一線級に短いイニングで飛ばされたら、そうは打てない」と淡々と話した。
 試合後、篠塚打撃コーチは選手を集め「交流戦でまた対戦がある。この悔しさを忘れるな」とハッパを掛けた。同コーチは「オープン戦だから打てなくてもいいということはない」と、投手の仕上がりが早い時期の試合とはいえ、工夫がないまま凡打の山を築いた打線を嘆いた。

 ソフトバンクが強すぎるのか、巨人が弱すぎるのか。。。

 オープン戦で結果をどうこういってもしょうがないけど、いくらなんでも9回2死まで一人の走者も出れないってなんだろう。若手はアピールできたのだろうか。。ドラフト一位の金刃は打たれたようだけど。。明るい材料は内海くらいか・・・。
posted by やくも at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般

2007年02月22日

オリックス清原が開幕絶望

清原、開幕絶望 左ひざ手術へ
 オリックスは21日、清原和博内野手が都内の病院で診察を受け、28日に左ひざ内視鏡手術を行うことが決まったと発表した。全治など復帰に向けた具体的な期間は未定だが、入院やリハビリテーションに時間を要するため、3月24日の開幕戦出場は絶望的になった。
 清原は「首脳陣、ドクターと相談し、手術をして万全の状態でグラウンドに立つ決断をしました。リハビリ、練習をしっかりやって、一刻も早く復帰しチームに貢献したい」とのコメントを球団を通じ発表した。
(2007年2月22日00時05分 スポーツ報知)

 毎年の恒例行事とはいえ・・・頑張って欲しいんだけど、シーズン後は中村ノリと同じ運命か?
posted by やくも at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球全般

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。